当たり前になってきた音楽配信

音楽配信が当たり前になってきていますけどアーティストの方々からすると音楽配信っていうのはあまり美味しいものではないみたいですね。

出来ればCDを購入してもらった方がありがたいみたいですね。

でもこれ、どちらが選べるのかって言ったら消費者ですからね。

CDの方を勝ってもらいたいってアーティスト側が言ったとしても、お金を出すのがどっちかって言ったらそりゃ消費者なんですから。

アーティストは自分の才能を形にするのであって、それに対してお金を払う価値があるのかどうかは消費者次第ですからね。

音楽配信じゃなくてCDを買って欲しいってのはアーティスト側の主張だとは思うんですけど、それに対して「CDにしよう」って思うかどうかは消費者次第ですから、消費者側からすると、あれこれ言ってないで買いたいって思うようなCDをリリースすればいいんじゃないかって話ですよね。

全員とは言いませんけど、「CDを購入しないのは悪」みたいなニュアンスの事を発しているアーティストもいますしねぇ…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック