JASRACの影響

11日に2014年のオリコンCD売上ランキングなるものをみたんですけど、これはひどいというか、音楽産業が終わったって言われているのも納得というか…。

だって嵐とAKB48ばっかりなんですもの(苦笑)

嵐は熱烈なファンが多数いるんでしょうから国民的アイドルって言われているのも分かりますが、AKB48に関してはまぁ握手券付CDっていうよりもむしろ握手券におまけでCDが付いているようなものですからね。

だからもう音楽産業っていうのは本当に終わってしまったんだなっていうのを実感しています。

だからなのか、音楽番組とか音楽コンテンツを見てもCDが売れに売れていた90年代の音楽をかける事が多いですからね。

まぁこれはJASRACの影響もあるって言われていますよね。

街で音楽を聴く事がなくなっているから、CDを買おうっていう気にならないっていうか。

利権のためにあれこれ規制をしたのが完全に裏目に出ていると思うんですけど、JASRACからすれば音楽産業がどうなろうが、とりあえず自分たちにお金が入ってくればそれでいいんでしょうしね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック