そんなに自分を責めるなよ、アユ!

離婚は必ずお互い非がある物さあ! な~んてね、ちょっとカッコ付けてしまいましたが、マジで、浜崎あゆみが自分を責めれば責めるほど、僕には相手の男性、確かオーストリア人の俳優だっけか?の非が見え隠れしてしかたがないような気がするのです。

正直、今度の離婚報道があるまで、浜崎あゆみが結婚していたという認識すら、僕の中にはありませんでした。

いや、多分去年結婚報道を見た時には、それなりの驚きやなんかもあったはずだろうから、完全に忘れていたのです。

それは勿論、テレビで見る浜崎あゆみの姿に、そういう所帯じみたものを感じなかったからに他ならないでしょう。

まあそんなのは、人気アーティストとしては当たり前の事なのかも知れないですけどね。

ただ、結婚した以上は、2人だけの世界というのはあったと思うんです。

それを維持出来ないというのは、やっぱどちらか一方だけを攻める事は出来ないんじゃないかというのが僕の見解です。

まあもっとも、未だ独身のアラサー男が偉そうに語れる事ではないんだけど、1人の善良な浜崎あゆみファンとしては、先週の帰国時に、成田で一礼した彼女の姿を見て、こんな風に思ってしまいました。

会社の経理部のおばちゃんが、最新の週刊誌に、浜崎あゆみの元旦那の事が詳しく載っていると言っていましたが、僕は今さら彼の事情を知りたいとは思いません。

今の時代、一生1人の女だけを愛し続けられる男もいなければ、一生1人の男だけを愛し続けられる女もいないのだから・・・。というより、元々一生1人の相手だけを愛し続けるなんて、無理な話なんですよ。

人間毎日数えきれない位沢山の出会いをするんだから、その中で、憧れや恋心を抱く人がどれだけいるか? だからこそ、よほどの忍耐力がないと、一生連れ添うなんていう事は難しいのではないでしょうか? 

僕的には、妻を泣かす位なら、結婚なんかせず、case-by-caseで、適当に恋愛を楽しんでいる方がずっとフェアだと考え、未だシングルライフをエンジョイしているんですけどね。とか言って、ただ単にモテないだけだという説もありますが・・・。

まあとにかく、浜崎あゆみの場合は、幸いにも日本では離婚歴が付かないそうですから、これからは恋多き女性として、新たな魅力を歌い上げて欲しいと願いたいものですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック